長期チャートからビットコインの高騰・暴落時期を見極める

2017年7月31日

長期的な投資が重要

ビットコインはBitcoinまたはBTCとも表記されますが、ブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳技術を使用した仮想通貨です。BTCは世界的に需要量が増加しており、相場は上昇傾向にあります。日本でも実店舗などで決済に使用できるサービスが開始されていますが少数派です。世界では日常の様々な取引にBTCが使用されるようになってきています。現実的な需要量が増加する一方で、発行総量に上限があるなど供給量は限定的です。市場は需要超過の状態にあるため相場の終値は上昇傾向を示していますが、高騰することもあれば暴落するリスクも存在します。

BTCなど仮想通貨は発行元となる特定の国家が存在せず、システム上の問題により信用性が揺らぐと暴落する可能性があります。基本的に仮想通貨に使用されるブロックチェーンの技術は信用性が高いことと、需要量が増大していることから急激に暴落するリスクは小さいと言えます。一時的に価格が下がることはあっても市場における需要超過状態が続く限り取引価格も上昇するものと予想されます。BTCなど仮想通貨への投資は長期的視野に立って行うのが重要です。

ビットコイン投資の取引額No.1中国に注目

中国は近年著しい経済発展が続いてきましたが、どこまで成長が続くかは不透明な状態です。人々の通貨に対する不安も大きいことからリスク回避を目的としてBTCなどの仮想通貨が買われているという特徴があります。
アメリカやヨーロッパなど世界各国ではBTCのような仮想通貨が日常の取引でも使用されるようになってきています。日本ではまだ珍しい存在ですが、今後増加するものと予想されます。現実的な取引における決済に使用されることに加えて、リスク回避を目的に購入される場合も多く需要量は増大しています。需要量が増大すれば取引価格も上昇するため、投資目的で購入される事例も増加します。現実的な需要と投資目的の需要の両方が増大しつつあり、長期的に取引価格の上昇は続くものと考えられます。

中国ではリスク回避と投資の両方を目的として多くの人々がBTCなどの仮想通貨を購入しています。またその他の国々でも仮想通貨の需要量は増加しており、長期的に安定した資産運用先としての魅力があります。仮想通貨は株式やFXなどへの投資と比較して少ないリスクで、安定して利益を得られる可能性が存在します。

未分類

Posted by admin


PAGE TOP