ビットコインをATMを利用して換金する

2017年6月22日

ビットコインの使用

ビットコインはATMで換金することができます。ATMは岡山にも設置されています。ATMでは、ビットコインの購入とビットコインの売却ができます。そこで、どちらの取引をする際にも、ウォレットというものが必要です。ウォレットとは、文字通り財布のことです。これは、普通の財布ではなく、仮想の財布ですので、モバイルやパソコンなどがあります。
では、ATMの使い方を説明します。ビットコインATMは、どの取引を行うにしても、本人確認が必要です。これは、免許証カード等の書類のスキャンが必要ですから、結構時間がかかることがあります。ATMの使い方自体は簡単で、銀行や郵便局等で普段ATMを使っている方だったら、特に使い方について準備せずとも容易に使えるものです。では、使い方ですが、まず、日本円をATMに入金してATMのQRコード画面にスマートフォンをかざしてから、アドレスを読み込ませます。すると、ウォレットにビットコインが送付されます。次に、売却についてですが、売却もほぼ同じ操作でできます。スマートフォンをかざして、QRコードを読み込ませると、日本円が引き出されるというものです。

ビットコインを取引所を利用して換金

ビットコインを換金するには、取引所を使って換金することが主流です。基本は取引所において取引をすることが多いからです。では、換金できる取引所はどこにあるのでしょうか。取引所とは、円とドルを交換する仲介業者のことをさします。その仲介業者によって、円やドルの交換ができ、売却もすることができます。取引所を利用すると、全ての処理をWEBで決済することができますので、無駄な手間が省けるというのがメリットです。ただし、これを使用するには、アカウントを登録する必要があります。ですので、パソコンの操作に慣れていない人は、取引を始めるまでに苦労するかもしれません。普段からオンラインショッピングなどをされている方なら、容易にアカウントの作成ができますので、すぐにでも取引を開始することができます。アカウントの登録が完了したら、口座の登録が必要です。全ての取引をWEB上で行うので、入金や出金までもviewを有効にしてWEB上で行うことができます。口座を登録したら、ビットコインを取引する準便は完了で、いつでも取引を開始できます。取引所は複数あるので自由に選ぶことができます。

未分類

Posted by admin


PAGE TOP