購入する時には電子マネーと比較をしよう

電子マネーと比較

仮想通貨には様々なものがありますが、その中で有名なのはビットコインではないでしょうか。ビットコインの特徴は、実際に投機などに使われることです。コインの価値が上がったり下がったりしますので、投機に利用する方法があります。ただ現在のところ日本ではそれほど普及していません。
これに関しては電子マネーと比較をすると分かりやすいですが、知名度がないからという理由もありますし、積極的に国をあげて取引きを勧めているわけでもないからです。もし、多くの人がビットコインを使うことに対してメリットがあると感じれば積極的に使うでしょう。使う場合には取引所を通して現金をビットコインに変えていきます。
ビットコインがいまいち普及しない理由の一つは、日本円に信頼が高く寄せられているからです。ビットコインの場合は日本銀行などのような中心的なものがありません。そこに参加していく人たちによって価値が決められたりするわけです。場合によっては高騰することもありますが、取引き所などがハッキングされるとマネーが一気になくなってしまうため、急落することも考えられます。そういった危険性がなかなか流通しない理由の一つにもなっているのです。

取引所で通貨に換えることができる点は魅力

ビットコインは、どのように現金化するかといえば、日本語で対応している取引き所に持っていくしかありません。日本語で対応している取引き所は10か所程度あります。これらの中で、一番信頼ができそうなところに絞って取引きをするのがよいでしょう。この時に重要になるのが、果たしてこの先どのような場面でビットコインを利用できるかということです。
残念ながら今の日本では、ビットコインが利用できる個所は60か所ぐらいしかありません。つまり、取引きをしたとしても日常的にビットコインで野菜や肉を購入したり、服を買ったりすることができません。現在の日本のに円があることも非常に普及を妨げている理由になっています。結果的に、ビットコインを利用するとすれば、投機に利用するか、海外に持って行ってそれを両替するなどに限定されてしまいます。このような使い方ができるのはまだまだ一部の人だけになります。ではこれからビットコインがはやるかといえばやはり時間がかかりそうです。このように考えると、使い方をよく考えて購入するようにしましょう。

未分類

Posted by admin


PAGE TOP